駒出池キャンプ場 2016年2回目の訪問;二日目の朝はマイウー蟹雑炊!@17泊目

こんにちは水無月です。

蟹鍋を堪能した駒出池キャンプ場初日の夜!たらふく食べて、気持ちよく眠りについたのですが、明け方には強風が吹きすさび、、、雨。

また、雨だよ。

水無月、最近出掛けると必ず雨。北海道も雨(というか台風)西武鉄道渾身の52席の至福も雨。実家の帰省も雨。

折角大好きな駒出池キャンプなのに雨。

img_20161009_070742

水はけの悪い部分には既に水たまりが。。。あぁ。。もう憂鬱。

img_20161009_070747

取り敢えず、朝食の準備です。

水無月、普段は朝ご飯を食べない人間ですが、、、今日は特別です。

なんて言ったって、昨晩蟹鍋を堪能していた訳ですから!蟹鍋の〆と言えば、、、蟹雑炊!

〆を食べる程、お腹に余裕がなかったので、翌朝の雑炊を画策。スープを大事に残していました!

img_20161009_070801

と言う事で、前日から漬けておいたお米を炊飯します。

まぁ、どうせ雑炊で食べる訳なので、炊きあがりなんて気にしません。

で、たぷたぷのスープ(+醤油)の中に炊きあがった米を投入。。。実はちょっと固めの炊きあがりだったのですが、、、気にしません。

暫くグツグツと煮て、溶き卵を入れて蓋を閉め、火を止めて蒸らします。

img_20161009_073623

暫くして蓋を開けると、、、美味そうな蟹の香りとがぷ~んと!

細ネギを散らして、よそいます!

img_20161009_073733

塩鍋の出汁に蟹の風味が凝縮されており、、、その凝縮された旨味をご飯と卵が纏って食べる訳です。

これで美味しくなかったら、、、死刑でしょ。

悶絶級の旨さです!!!

家内もバクバク食べていました。(いや、家内がバクバクと言うべきか。。。)

雨が降っているので、散歩とかにも行けず、、、ノンビリボケーッとします。

img_20161009_085944

9時くらいに一度晴れ間が見えたりしたのですが、、、

img_20161009_090412

再び雨再開。気温は15℃で過ごしやすい感じです。あ、勿論、長袖、長ズボンの上に、防寒着も用意しています。

この日はレインウェアを着て過ごしていました。

img_20161009_090434

9時半には何時もの買い物場所、ツルヤが開店するので、9時過ぎに買い物に出発です!

この日も当日の昼と夕ご飯の食材、あと忘れてはいけないのが、、、酒ですよ。酒!

で、帰って来ました。

img_20161009_090444

お昼前には少し天気が回復して来て、、、午後は晴れるとの予報。

すこしパラパラしたりするのですが、晴れ間も見えてきたので、、、ノルンさんの為にブルーシートの間を作りました。

泥だらけになるからという理由でずっと椅子の上か、テントの中か、だっこで過ごさせるのは忍びないので。

img_20161009_110339

しっかりペグも打って場所を固定。トイレ用のシーツも敷いて、水も用意。

ちょっと何かがあると、、、ブルーシートから出ようとしますが、、、コラー!と言われると、すごすごと戻ります(笑)

img_20161009_113917

で、この日の昼食は餃子。

小麦粉がたっぷり付着している生餃子をお買い上げ。

羽根付き餃子にするには蒸し工程で足す水に小麦粉がタップリ入っているのが条件ですが、キャンプ場では小麦粉は無いので、代わりに餃子に小麦粉がいっぱい着いている物を選びました。

羽根付き餃子の生地はコチラ!

普通に油を挽いて、焼き目を付け、餃子の上にタップリ付着している小麦粉を洗い流すイメージで水をヒタヒタ投入!

蓋を閉めて強火で水が飛ぶまで焼き上げます。

蓋の中から水分が飛んでパチパチ鳴り始めたら、火を弱め、油を表面に一回し掛けて、蓋をします。

これで餃子の表面がパリッと焼き上がります。1分ほど弱火で焼いて水を完全に飛ばしたら完成です!

img_20161009_114859

ざっとこんな感じ。

まぁ、味わいは店屋物の餃子ですので、悶絶級でも何でもありませんが、、、青空補正が入った、ビールと餃子!

 

img_20161009_114958

不味いわけがありません!!

幸せ~~~。

img_20161009_140613

ノルンさんとブルーシートの上でゴロゴロとして昼寝しようと思ったのですが、流石に少し寒いので、、、テント内に籠もって昼寝でもします。

水無月、昼寝しないと19時くらいには眠ってしまいますので。。。

ではまた!

前回の記事はコチラ!

続きはコチラ!

 

水無月の独断と偏見で評価するキャンプ場レビューはコチラ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)