2017年!初駒出池キャンプ場@28泊目

こんにちは水無月です。

7月は中旬の頃の記事ですが、、、所謂、海の日の三連休を使って、水無月家お気に入りのキャンプ場、駒出池キャンプ場に行ってきました!

過去の駒出池キャンプ場の記事は、水無月のキャンプサイトレビューから参照出来ますので、興味のある方は是非観てみて下さい。

水無月のキャンプサイトレビュー

駒出池キャンプ場は八ヶ岳の長野側、佐久の方に有りますので結構遠いです。

あと、人気のキャンプ場でフリーサイトなので、到着が遅いと良い場所は無くなってしまいます。

まぁ、池周りの一等地は、、、多分無理だろーな。。。(T_T)

と言う事で、

早朝から出発!\(^o^)/

道中やら、設営やら、、、随分とすっ飛ばした記事になってしまいましたが、、、

無事!到着!設営終了となりました!

え?道中は?って、、、

関越道できましたが、案の定圏央道との接続がある鶴ヶ島辺りまで激込みでした。。。

なので、8時半受付を目指して来ましたが、多分一時間くらい遅れてしまったと思います。後、遅れてどうせ一等地は無理だがらって事で買物までしてから来たので着いたの10時位だったと思います。

まあ、池周りに拘らなければ特に問題ありません。

ただ、ここのキャンプ場は池周りが最高なんだよなーぁー(T_T)

今回もテンマクデザインの焚火タープとレボルームの組合せです。ただ、フリーサイトで広々使えるのでタープの下ではなく、木陰にチェアを置いて青空で楽しむ事にしました!

で、ランチはと、、、

水無月が大阪出張の折に手に入れておいた!551蓬莱の豚まん!

チルド品を冷凍保存しています。

冷凍でも、ちゃんと蒸して温めると驚く程美味しくなります!

では、真昼間からですが、、、

カンパーイ!!\(^o^)/

旨すぎる。。。真昼間から、青空の元でビール!旨すぎる!!

これだからキャンプは辞めれません!!

ノルンさんも木陰で涼んでいます。

流石!高原です。標高は1500m位だったと思いますが、東京の平地と比較すると10℃位違いますよ!

日差しは夏なので強いですが、木陰に入ると涼しいです。

奥が池周りですが、、、すぐ隣にテントがひしめく、、、寿司詰め状態ですwww

いや、確かに池周り景色良くて良いんですけど、、、そんなに混雑した中でキャンプもどーなのかなー??と思ってしまいます。

水無月家は池から離れた場所に張ったので、かなりゆったり広々スペースを独占させて頂きました!!

本当は二泊するのでアスガルド持って来たかったのですが、雨の可能性があったので見合せました。

そんなこんなで、蒸しあがりました!

ホカホカの豚まんです!

付属の辛子とポン酢です。

最近の551はポン酢も付けてくれるんですね!

昔は辛子だけだったんですけどねー。

で、お味の方はと言えばら、、もちもちの分厚い生地!これがまた甘いんですよね。

餡はジューシーで。。。(*^^*)

青空補正も入ってヤバイですよ!

ヤバ旨!(*´ω`*)

で、豚まんも食べたので、、、スーパーで買ってきた枝豆でも茹でますか?!

水無月家では、茹でる前に塩を降って暫く放置。

沸騰したお湯に塩を入れて茹でる。

最後にザルに上げて塩を降る!

という、塩三段活用な作り方です!

ビール飽きて来たので、、、お酒チェンジで!芋焼酎の赤猿!

こいつ結構芋風味強いのですが、反面華やかな香りと口当りを持っていて中々いけます!

キャンプ場は、、、虫刺されもあるから、本当は長ズボン着用の方が好ましいのですが、、、

半ズボンの開放感の誘惑には勝てませんよね。というか、水無月、夏はずっと半ズボンなんですよね。。。なので、虫よけの

こいつをたっぷり塗りたくり!

椅子からは強力蚊取り線香

を吊り下げてます。

昼寝を挟んで、、、薄暗くなってきましたので、、、いよいよ!宴の準備です!

何時もの水無月家の火起こしです。

使う炭はお馴染みの

こいつは着火しにくいけど、一度火がつくと長いんですよね。

で、そんな日が着きにくいオガ備長炭も簡単に火が起こせる火起こし方法と言えば?

水無月流簡単火起こし術

リンク先を参照下さい!

ではソロソロ長くなりましたのでこの辺りで!ではまた!

続きはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)