鏡の鱗取り2 ”キイロビンGold”@11レビュー目

こんにちは水無月です。

以前、お風呂の鏡にこびりつく頑固な汚れ

スケール「鱗」取り“茂木和哉”のレビューをしたと思いますが、

茂木和哉でかなり綺麗に取れたのですが、まだ若干鱗が残っていました。

そこで車のフロントガラスの頑固な油膜汚れで高名な”キイロビン”

しかもそいつの上級版”キイロビンGold”を家の鏡にはびこる鱗退治に使ってみようと思います!

こいつをスポンジにつけて手動でゴシゴシも大変なので、水無月は文明の利器に頼ります!

はい、前回も活躍しました電動工具君の登場です。

bathcleaning2 (3)

パナソニックのインパクトドライバーとヤナセのポリッシュアタッチメントです。

まずは清掃前の状態。鏡の鱗を写真で取るのは難しいです。。。なので鏡以外の汚れ具合を。

bathcleaning2 (6)

これが使用前です。

ではキイロビンで洗っていきます!

まず、ポリッシュ用のスポンジにキイロビンを垂らし、回転させる前に鏡に塗ります。

bathcleaning2 (7) bathcleaning2 (8)

直ぐに回転させると液が飛び散り大変です。

これでじっくり念入りに磨いていきます!

bathcleaning2 (9)

まずは鏡左半分を磨きました。

ここで前回の”茂木和哉”でも実施した浸け置き処理として、乾燥を防ぐためにラップを施工します。

bathcleaning2 (10)

続いて右半分も施工していきます。

bathcleaning2 (11)

こんな感じで念入りに磨きました。

bathcleaning2 (1)

で左と同様に右もラップで覆います。

これで1時間ほど放置しますが、その間に他の部分も磨きました!

で、一時間後ラップを取り除き、

ふやけた?状態のスケールをポリッシャーで念入りに磨いて洗い流しました!

bathcleaning2 (2)

それがこちらです!

綺麗になったような、ならないような。

鏡のスケール部を目視でじっくり見ると若干ですが綺麗になっているような気はします。

が、劇的ではありません。

なので、私的主観ですが同じくらいの性能かもしれません。。。

ただ、いずれの洗剤も使用前からすると相当綺麗になっています!

なので、お風呂の鱗で困っている方は検討の価値ありです!

ただ、手で擦るのは大変だと思います。。。インパクトドライバー持っていても結構つかれますので。

ではまた!

続報!鏡の鱗取り3の記事はコチラ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)